腎臓にいい食べ物 病気

 

 

腎臓にトラブルを抱えている方は腎臓にいい食べ物やレシピを普段から探しているのではないでしょうか。どんな食べ物やレシピが腎臓にプラスの影響をもたらしてくれるのか知って今後の生活に活かしましょう。

 

【腎臓にいい影響を与える栄養素とは】
主食は白米など精製済みのものではなく、未精白の穀物にするようにしてください。未精製穀物はビタミンB群、セレン・亜鉛など腎臓の働きに関わる栄養素を多く含みます。腸の環境が悪くなるとアンモニアが発生し、腎臓に負担がかかります。腸内の善玉菌を増やすため食物繊維を多く含む食材を取ってください。塩分を控え、レモンや酢など酸味、ショウガなど香味野菜などを使い塩分が控えめでも満足できるよう工夫します。
★★★★★
【腎臓にいい影響を与える食べ物とレシピを決めるコツ】
カリウムの制限を受けてない場合はカリウムの多い野菜、海藻、豆類などの食べ物、利尿効果のあるスイカ、トマトなどの食べ物を取るようにしましょう。腎臓にいい影響を与えるために骨粗しょう症にならないためにもカルシウムを含む食べ物を充分に取るようにしてください。マグネシウムはカルシウムを調節する働きがあるのでマグネシウムの多い食品を取ります。腎臓にいいレシピを考える際にはこれらの食材をメインに考えてレシピを決めるといいでしょう。

 

 

腎臓にいい影響を与える食べ物は複数あります。そのため組み合わせも豊富に考えられます。これらの食材を使ったレシピを考えて食卓に取り入れればきっと腎臓にいい影響が出てくるのではないでしょうか。意識してレシピに取り入れてみましょう。

 

姉妹サイトです→膿栓の原因と症状と対策法☆膿栓どっとこむ
          腹水がたまることや腹痛や下痢や吐き気の原因や症状や治し方